サラリーマンが楽しむ道頓堀

大阪は地下鉄御堂筋線、千日前線、四ツ橋線、近鉄は難波駅に大阪で有名な商店街は「道頓堀」があります。
道頓堀には”食いだおれ”でも有名な大阪の商店街として形成されており大阪はミナミの代表的な繁華街となっています。観光としても有名な所ですから連日には観光客も含めて地元の人々で賑やかになっています。
また、道頓堀には大阪名物はたこ焼き、お好み焼き屋をはじめ大阪ならではの飲食店があり活気溢れるお店が密集しています。
夜にもなれば水商売として働くホステス、ホストも多く歩いており大阪の夜を飾っています。サラリーマン達を誘惑するお店も多数存在しており、キャバクラ、スナック、風俗と男性を癒してくれるお店も多数あります。
道頓堀には大手グループの風俗店もありながらファッションヘルス、サロン、性感マッサージ等と色んなタイプの風俗サービスを提供しています。
大阪ならではの関西弁で接客してくれる風俗嬢もいるので地方の方にとっては新鮮かもしれません。また、料金的にもリーズナブルなお店も多く、サラリーマンにとっても安心して楽しむ事ができます。
大阪に来た際には道頓堀に立ち寄ってみて風俗遊びをしてリフレッシュしてみてはどうでしょう。

道頓堀は風俗の玄関口

大阪の道頓堀は大阪ミナミエリアの中心にある地区といっても過言ではないと思います。
その理由は道頓堀川から北上すれば歓楽街でもある宗右衛門町があり、南下すれば難波がありますから大人も子供どちらも楽しめる街への入口と出口を担っているのが道頓堀です。
この場所でとても有名なものは「グリコの看板」だと思います。
グリコの看板は今年で6代目を迎えました。
見慣れたネオン灯からノーベル賞で光の表現力が広がったLEDにチェンジしたそうで、新しく5パターンの映像があるそうですから、気になる方はその目で確かめてみて下さい。
道頓堀を余すことなく楽しむなら、夜も楽しむことをおススメします。
夜になると少し路地に逸れると、昼に閉まっていたたこ焼き屋や屋台も開店していてグリコの看板が点灯すると同時に夜の道頓堀がスタートです。
近隣エリアの入口でもあるこのエリアですが、宗右衛門町に負けないくらい風俗の熱いのが特徴で、Googleマップで検索するとたくさんありました。
玄関口でもあり、大人の夜遊びを楽しむ地区でもあります。
四つ橋筋ほぼ近くにある阪神高速1号線と15号線が交わる箇所を中心にラブホテルが密集していますから、風俗の楽しみ方も人それぞれです。
出張エステ、ホテヘル等のデリヘルといった無店舗形態の風俗を楽しむことができます。
もちろん、宗右衛門町もまたがって風俗店を楽しめますから、夜遊びに悩む心配がないのが道頓堀風俗の良いところです。

Search
Archives